#001 「時代は、美容オイル!」仮タイトル仮タイトル

Friday, May 30, 2014

 

この頃、女性の間でブームが広がっているのが、美容オイル。

滑りがよく、マッサージなどのボディケアに使うイメージがありますが、

最近はサラッとした液状で浸透性の高いタイプや、

ペースト状で、使うときに体温で溶け込むタイプなど、

多彩多様な商品が開発され、お顔やパーツ用の美容液として人気を集めています。

その勢いに拍車をかけるように、

「油は油で落とす」という考えから生まれたオイルシャンプーは、今や空前のブーム。

美容オイルは、「入れ込むケア」だけではなく、「洗い落とすケア」にまで、

その素晴らしい働きが注目されています。

 

では、美容オイルはなぜお肌にいいのでしょうか?

 

すべてのスキンケアの基本は、保湿です。

今までは保湿といえば、化粧水などお肌に水分を与えるスキンケアが主流でしたが、

実はそれだけでは十分な保湿とは言えません。

お肌の角質層では細胞がレンガのように並び、

その間を細胞間脂質が埋めて細胞同士をくっつけています。

細胞間脂質は角質細胞を守る役割を果たしているため、

細胞間脂質がもろいと、水分を補充してもすぐ蒸発したり、

お肌自身の力で水分を留めることができません。

 

この細胞間脂質は親油基を持っていて、油性成分と親和性が高く、なじみがよいのです。

美容オイルを与えると、細胞間脂質にくっついて補強しながら隅々まで浸透し、

オイルに溶け込んだ美容成分を細胞に送り届ける役割も果たします。

するとお肌のバリア機能が修復され、水分保持力も向上し、

「真の保湿」に繋がるのです!

 

お肌の守る大切な細胞間脂質は、

過剰な洗顔で汚れと一緒に洗い落とされることがあります。

洗顔直後はさっぱりしますが、長期間使用すると、

お肌のバリアがボロボロになってしまい、さまざまな肌トラブルに繋がります。

乾燥が進行しているお肌や、皮脂分泌が旺盛なお肌のような

油水のバランスが乱れているお肌なら特に気をつけなければなりません。

 

20代後半になると、皮脂の分泌が下がっていきます。

お肌の健康のために適度に油分を補うことが美肌に繋がります!

ぜひ、毎日のスキンケアに、美容オイルアイテムを取り入れてみてはいかがですか?

 

 

(文・堀田天晴・コスメプランナー)

 

 

【ブランドマネージャーからの美肌アドバイス】

ikiikiの美容オイルせっけんには、

肌質に合わせてブレンドした美容オイルがたっぷり練り込まれているため、

洗顔しながら、お肌の油分と水分のバランスを整えることができます。

毎日の洗顔で細胞間脂質を強くすることで、お肌を少しずつ健康な状態に導いてくれます!

美容オイルケアの入門として、ikiikiの美容オイルせっけんをぜひお試しください♥

Please reload

Featured Posts 最新の記事

#007 テスト用記事春の訪れとともに、本日よりイキイキ始動!

May 2, 2016

1/7
Please reload

Recent Posts 最近の記事
Please reload

Search By Tags ダグで探す
Please reload

堀田天晴

日本化粧品検定協会認定・コスメコンシェルジュ

日本化粧品協会認定・化粧品プランナー/化粧品マーケティングプランナー

 

化粧品やスキンケア商品の企画・開発のスペシャリスト。台湾出身。大学留学のため来日し、卒業後日本の化粧品会社に入社。コンセプト立案、処方、パッケージ、生産管理に至るまで通算300品目以上の計商品開発に携わった豊富な経験をもつ。

現在は独立し、自身が立ち上げたオーガニックオイルスキンケアブランド「イキイキボタニクス」ブランドディレクターを務む傍ら、フリーランスの化粧品開発コンサルタント、海外美容コーディネーター、グラフィックデザイナーとしても活動の幅を広げる。